「欲求」に関して本や論文を書くなら、どういったことを書く?「秘めた想い」の由来や歴史とかかな。それとも、一個人の視点からくる意見だろうか。

ぽかぽかした土曜の日没は歩いてみる

太陽と山とトルネード
■HOME

風の強い土曜の深夜に読書を

村上春樹の作品が好きだと、本好きの人々の評判を教えてもらって、購入したのがノルウェイの森。
これは、日本だけでなく海外でも大勢の人に知られ、松山ケンイチさん主演での映画も公開された。
村上春樹のストーリーは、話の展開が早く、サクサクサクと読めてしまう所が好きだ。
直子と緑との狭間でゆれる、ワタナベは、実に生死の間でゆれているよう。
そういった骨組みを無視しても緑も直子も魅力的だと思う。
他にも、ハツミさんや永沢さんやレイコさんという人物が加わる。
全員魅力があり個性的で陰の部分を持ちあわせている。
随分前に読んだ本だが読みたいと思い、ページをめくったことが何回かある作品。
主人公のワタナベは直子に、お願いをふたつ聞いてほしいと頼まれみっつ聞くと答える。
ワタナベはモテるだろうなとと感じた瞬間。
だから、直子がちょっとだけうらやましくなった。

湿気の多い祝日の夜明けは昔を懐かしむ
久しく行ってなかった外での仕事の日、初めて業務で一緒に働いたAさんという年配の方は、背の高い人だ。
最初に挨拶した際以降厳しそうで、プラーベートな会話はまったく聞いたことがなかった。
その時、何気なくAさんの半袖になった大柄な腕をみてびっくりした!
大きなパワーストーンブレスレット10個以上目に入ったため。
思わず、パワーストーン大好きなんですね!と出てしまったくらい。
にっこり笑ったAさんは得意げに、いきなり可愛い顔で、ひとつひとつのストーンの由来を教えてくれた。

熱中して口笛を吹く家族と壊れた自動販売機

たばこは体調に良くない。
など、理解していても購入してしまうものらしい。
新入社員の頃、仕事で紹介していただいたIT企業の重役の年配の方。
「身体が丈夫なのは煙草と酒のおかげです!」と明るく言っていた。
こんなに聞かされると無理な禁煙は無しでもOKかも・・・と感じる。

雲が多い平日の深夜に窓から
昨日は、梅雨があけてから初めて雨になった。
餌釣りの約束を先輩としていたのだが、雷が鳴ってきたので、さすがに怖くて行けない。
確認したら、雨がやんだので、やはり行ってみるということになったのだが、釣りに行く道具の準備を終えて、行ってみたけれど雨が降ってきた。
雨が止んで先に来ていた釣り人が、あわてて釣りざおなどを車になおしていた。
えさも解かして用意していたのにもったいなかった。
またの機会にと話して釣り道具をしまった。
明後日からは晴れそうだ。
なので、次こそ予定を立てて行ってみる。

雪の降る月曜の夕方に椅子に座る

子供とのコミュニケーションをすると、子供はものすごくなついてくれる。
生まれてすぐは、会社の仕事が非常に大わらわで、顔をあわせることがほとんどなかったため、たまたまふれあっても慣れてくれなかった。
父なんだけどとやりきれない心もちだったが、会社の仕事が多忙だからと見切らずに、繰り返し、休みの日にお散歩に連れ歩くようにした、抱えても、お風呂でも普通になった。
このごろ、朝、玄関をでるとき、俺が行くことが寂しくて涙を流してくれるのが幸せだ。

暑い休日の昼に焼酎を
今年の夏は、海水浴に行っていないが、遊びにめっちゃ行きたい。
現在、わが子が2歳になったばかりなので、海には入らせないで砂遊び程度でありながら、思うに喜んでくれるだろう。
ですが、現在、パンパースを着用しているので、海水客の事を思ったら海水につけないのがいいかもしれない。
オムツのプール用もあることはあるが、議論になっているらしいので。

目を閉じて跳ねる兄さんとあられ雲

晩酌などのアルコールのおつまみには、絶対体に良い食材を!と考えている。
ロングヒットなお気に入りだったのは、焼き葱。
それ以前はサバ。
で、近頃は、明太子だけれど、高いのでそれも辞めた。
今日、新メニューを考え出した。
パック入りの80円くらいのエリンギ。
小さく切って、マーガリンで炒めて、味の素と塩を適量使用し味付た物。
大分値段は低いし、カロリーも低い気がしませんか。

蒸し暑い金曜の晩は昔を懐かしむ
今更ながら、小学生のころから高校生までほとんど向学心を持って生活していなかった。
他の生徒たちが必死で学んでいても、自身は課題で出された内容をしぶしぶやるといった感じだったと思う。
なぜか、専門学校に入ってから私の好奇心をそそる分野の勉強が始まると、内容がするりと入ってくるようになった。
それから、働き始め、研修期間の勉強を経て本格的な業務になると、次は好き嫌い関係なく、学習せざるを得なくなった。
しんどいなんて考える時間もなく、ひたすら学習する数年が続いた。
学習続きの期間をしばらくすると、なぜか学生時代に取り組まなかった学習をまたしたいと考えるようになった。
現在では、同じように言っている人が周りに何人もいる。

笑顔で踊る母さんと枯れた森

買いととのえた生地で、園に通う自分の子供のきんちゃく袋を作成しなくてはいけない。
それは、妻が縫うとは言っても、自分も縫い物が嫌いではないので、忙しそうだったら手伝おうと思う。
運ぶものをしまう手製の袋が幼稚園に通うために必要らしい。
ミシンもやっとのことで届いた。
使った感じもみてみようと考えている。

気持ち良さそうに口笛を吹く友達と擦り切れたミサンガ
ある日、小笠原諸島へ働きに行った。
この辺りは非常にあつい!
ゆとりのある上着の上に、スーツの上。
汗まみれになりすぎて、上着のジャケットは滅茶苦茶に。
ホテルにまで到着して、洗濯機もなかったので洗剤で綺麗にした。
次の日その上着は桃のいい匂いがした。
スーツがボロくなあるのではないかと心配したけれど、それでも洗った方が良いと思っていた。

TOP

サイトメニュー

Copyright (C) 2015 太陽と山とトルネード All Rights Reserved.